PAGE TOP

ハロプロコンサートの座席種別       

ハロプロのコンサートの座席には以下の種別があります。

1.一般席


立って見ることができる席。見ることができると言う意味では、座っても問題ないんですがほぼ全てのコンサートにおいて、一般席の全員が全編立って観るので立つ席という認識で問題ないです。

2.ファミリー席


着席が義務付けられている席。着席制限のみで、購入に条件はないです。ファミリーと銘打ってありますが、一人分の席で、一人分でも購入可能です。着席観覧席とかにすればいいのにややこしい名前だと思います。一般席はコンサート全編通して立って観るのが当たり前なので、座って観たいという人のためのファミリー席と考えておけばOK。
場所は2階席の最前〜3列目程度まで。2階席が無いホールは後方中央ブロック。スタンド席が無いアリーナは最前端がファミリー席となることもありますが、チケットが届いてみないとどこか分らないです。

3.女性専用エリア/席


文字通り女性のみが入れるエリアや席を指します。通常のホールコンサートでは設置されないことが多いです。ハロープロジェクト全体のコンサート、いわゆるハロコンでは設置される傾向にあり、10列前後の右端か左端になってるようです。 スタンディングライブやリリースイベント(シリアルイベント)の時は女性専用エリアがあります。このときは最前の端側や後方の段差になっているスペースが利用されることが多いです。